山崎早紀の小学校や中学や家族など経歴wiki|女子力も高い!

タイトルスポーツ

今日はソフトボールの五輪代表選手に選ばれている、山崎早紀選手について深掘りしてみたいと思います。

山崎早紀の出身小学校や中学などの学歴、家族のことやこれまでの経歴も詳しくご紹介。

そして山崎早紀選手は女子力も高い!というウワサなので、それについても触れていきますよ。

他のソフトボールの五輪代表選手についての記事もたくさんありますので、合わせて読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

山崎早紀の小学校や中学や家族など経歴wiki

名前山崎早紀(やまざきさき)
生年月日1991年11月12日(2021年現在29歳)
出身地静岡県掛川市
血液型A型
身長170cm
体重66kg
ニックネームざっきー・ざきさん
投打右投右打

山崎早紀は静岡出身で、掛川市立西郷小学校に通いました。

家族構成はお父さん(明さん)、お母さん(真理子さん)1つ上のお姉さん(奈美佳さん)と弟の5人家族になります。

山崎選手にとってソフトボールは身近な存在で、もともと両親がソフトボールをやっていてお姉さんも始めたため、そのうちに自然と山崎選手もやるように。

8歳から地元の強豪ソフトボールクラブ「掛川桔梗女子ソフト」に所属し技術を磨いていきます。

中学校は掛川市立北中学校へ通い、常葉大学附属菊川高等学校へ進学しました。

ちなみにトヨタで一緒にプレーし五輪の代表入りもしている渥美万奈選手は、山崎選手と同じ高校で2つ先輩にあたるんですよ。

山崎選手はずっと一緒にソフトボールをやってきたからというのもあり、お姉さんととても仲がいいんです。

なので高校卒業後は姉と同じように大学進学も考えましたが、トヨタからスカウトされ先輩の渥美万奈選手もいたことからトヨタの実業団に入ることを決めます。

2009年トヨタ自動車に入団後しばらくは思うように結果が出せず、試合すら出れない辛い時期もありました。

2016年に初めて日本代表選手に選ばれ、代打の切り札として期待されましたが結果は残せませんでした。

そんな伸び悩む時期にも電話でよくお姉さんに悩みを打ち明け、話を聞いてもらったそうです。

心の内を話せる人がいるって大切だと思います。日本代表に選出されるようなアスリートにも伸び悩みの時期ってあるんですね。

山崎早紀のお姉さんも日本リーグ2部の静甲に入社しソフトボールをやっていましたが、2018年に現役を引退し2019年からは母校である松本大学でコーチをしています。

ネガティブな考え方になることもあったけど、あきらめずにソフトボールと向き合った山崎早紀。自分のバッティングもいま一度見直しました。

そして2018年、2年ぶりに日本代表に選ばれて世界選手権に出場。準優勝に貢献します。

米国の左投手と対策と、外国人投手にも打ち負けない打力」と宇津木監督に評価され、2020東京五輪の代表選手にも抜擢されました。

トヨタでは4番打者を務めています。勝負強さがあり、頼りがいのある選手。

2020年の日本リーグでは、なんとMVP・打点王・首位打者・ベストナインを受賞!すごい快挙ですね。

スポンサーリンク

【ソフトボール】山崎早紀は女子力高くてどんな人?

山崎早紀

引用:Instagram

ソフトボールをしている姿は「かっこいい!」のひとことな山崎早紀選手ですが、代表選手のなかでは「女子力が高い」と認識されているんですよ。

チームメイトから「美にこだわっている」「色々な化粧品に詳しい」などという声があり、写真撮りのときにはきれいにメイクをされていたりします。

また、たまに天然なところがあるとも言われている山崎早紀。

試合の時とオフの時のギャップがまたステキですよね。

スポンサーリンク

さいごに

体格は細身に見えますが、足の速さ・肩の強さ・コントロールなど全てを持っている山崎早紀選手。

子供の頃から積み重ねてきた技術、そして思うように結果が出ない時もあきらめずに前に進み続けた精神力の強さが今に活きてるんですね。

これからもたくさん活躍できることを願っています。

ソフトボール五輪代表の他の選手については、下記の記事を合わせてごらんください。

タイトルとURLをコピーしました