後藤希友(みう)はBTSとNiziUの大ファン!家族や趣味などwikiプロフが知りたい

タイトルスポーツ

ソフトボールの五輪代表に選ばれた後藤希友選手は、最年少のサウスポーで「次世代エース」として大注目な選手です。

試合では若さみなぎるパワフルなピッチングで魅了する後藤選手。

一方プライベートでは、BTSとNiziUが大好きな普通の女の子な部分もある自然体で魅力的な選手なんです。

今日は後藤希友選手がBTSとNiziUの大ファンなこと、そして家族や趣味特技などのプロフィールをwiki風に詳しくご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

後藤希友(ごとうみう)はBTSとNiziUの大ファン

2020東京五輪ソフトボールの日本代表では最年少で選出された後藤希友。上野由岐子に続く「次世代エース」として期待されている、左利きの投手です。

試合中はもちろん真剣でめちゃくちゃかっこいいオーラを放っていますが、素顔はまだあどけない20歳の女の子なんです。

そんな後藤希友選手の幸せなオフの過ごし方は、BTSとNiziUの動画を見ているとき。

後藤選手はBTSとNiziUの大ファンなんですよ。1番大好きなのはBTSのパク・ジミン

ジミンはボーカル兼メインダンサーで、あざとカワイイ担当のメンバーです。

学生時代は現代舞踊をやっていてダンスの実力はハイレベル。特徴のある高音もBTSの楽曲に必要な存在。

BTSは今やK-POPアイドルなだけでなく、世界中で大人気のアーティストですね。そのBTSのジミンペンな後藤選手。試合前にはBTSの曲を聞いてテンションを上げていきます♪

BTSのジミンについては下記の記事に詳しく書いてあるので、気になる方はチェックしてみてください。他にもBTSの記事は色々あるので合わせて読んでもらえたら嬉しいです。

そしてNiziUのリマとマコも大好き!マコはNiziUのリーダーで歌もダンスも全てにおいてバランスのいい、人気なメンバーです。

Niziuマコ

引用:Instagram

一方リマはラッパー界のレジェンド、Zeebraと元モデルの中林美和の娘。

両親の離婚騒動でかわいそうでしたが、父親の遺伝子を受け継ぎラップがとてもカッコ良くて上手なんです。

Niziuリマ

引用:Instagram

そのうえめちゃくちゃかわいい。後藤選手ももしも1日だけ誰かになれるとしたら、「NiziUのリマになってライブがしてみたい」んだそう。その気持ちわかります♪

NiziUのリマとマコについての記事もありますので合わせてごらんください。

ソフトボールをしている時とオフの日のギャップがさらに後藤希友選手を応援したくなりますね。

スポンサーリンク

後藤希友の家族構成や趣味やwiki風プロフィール

名前後藤希友(ごとうみゆ)
生年月日2001年3月2日(2021年現在20歳)
出身地愛知県名古屋市
ニックネームごっちゃん
血液型AB型
身長174cm
体重70kg
投打左投左打

後藤希友の家族構成は父・母・兄の4人家族になります。好きな食べ物は梨・焼肉・チャーハンで、苦手なものはトマトです。

趣味はスノーボード、特技はバスケットボール。子供の頃はソフトボールよりもバスケの方が得意だったんだとか。

ソフトボールを始めたのは10歳のとき。仲の良かった先生と先輩が誘ってくれたのがきっかけです。出身学校は下記になります。

  • 小学校:名古屋市立野立小学校
  • 中学:名古屋市立日比野中学校
  • 高校:東海学園高等学校

上記の画像は高校生の時のものですが、まだピチピチしていて笑顔がとっても可愛らしいですよね。

高校卒業後は大学へは進学せず、トヨタ自動車の実業団へ入り活躍中。

2021年5月にはなんとノーヒットノーランを達成しました!プロのアスリートとして大きな自信へつながったのではないでしょうか。

下記の『ソフトボールマガジン』では後藤希友選手が特集されています。

また後藤希友選手の持ち味といえば、サウスポーの投手ということに加えて打撃でも活躍できるところ。

特に高校時代はインターハイの準決勝でソロホームランを打ったりなど、打撃面でも大活躍でした。

競技人生がまだ短いので挫折は経験したことがないですが、プロの世界でも投打の二刀流でやっていきたいと思っているそうです。

スポンサーリンク

さいごに

最後まで読んでいただきありがとうございます。

若さと負けん気の強さでは誰にも負けない後藤希友選手。これからもたくさん活躍するところを見たいです!

ソフトボール五輪代表の他の選手については、下記の記事を合わせてごらんください。

タイトルとURLをコピーしました