藤田倭(ソフトボール)のグラブがおしゃれでセンス良すぎ!購入方法は?

タイトルスポーツ

ソフトボール界のレジェンド上野由岐子選手を慕い、自身もエースとして期待される東京五輪日本代表の藤田倭(ふじたやまと)選手。

上野選手に負けず劣らずパワフルなピッチングを見せてくれる藤田選手ですが、実は自身の使用するグラブにとてもこだわりがあるんです。

しかもデザインがとてもおしゃれでセンス抜群!

とっても目を引くグローブなので、今日は藤田倭選手のおしゃれでセンス良すぎなグラブたちと購入方法をご紹介します。

スポンサーリンク

藤田倭のグラブや革手袋がおしゃれでセンスがいい!

昔は「グローブ」と呼ぶのが主流だったと思いますが、今は「グラブ」という方が多いみたいですね。英語での発音も「グローブ」より「グラブ」の方が近いと思います。

上野由岐子選手に続くエースの藤田倭選手。投手の身につけているグラブは素人でも目がいきます。

日本代表でも活躍する藤田倭投手のグラブはいつもとっても可愛くて素敵なんですよ。

引用:藤田倭Twitter

藤田選手の名前の「やまと」の「や」がひらがなで入ってるというところが最大の特徴でしょうか。

色合いもデザインも毎回斬新で可愛すぎます!こんなキュートなグラブだと張り切って練習に打ち込めそうじゃないですか?

いちばん上の列の左2つは栗の刺繍が入ってたり、その右のは藤田選手が描いた絵がそのまま刺繍されてたり。

いちばん下の2つの画像はハロウィンバージョンだったりと、遊び心が満載で眺めているだけで楽しくなるグラブになっています。

試合を観に来た子どもたちの視線を釘付けにしてしまうんじゃないでしょうか。

ピンクリボンバージョンのときもあり、メッセージ性のあるデザインだったりもするんですよ。

これだけグラブのデザインに凝っている藤田倭選手なので、もちろんグラブに対してのこだわりポイントがあります。

  • デザインは自分の好みというよりは、子どもたちがグラブを見て「かわいいな」「欲しいな」と思うようなものを常に考えている
  • たくさんの刺繍が入っているけど、一つ一つに思い入れがある
  • シーサーの刺繍が入ってることが多い。シーサーは守り神だから自分自身も守備の守り神として試合に臨むべく、シーサーを入れている
やはり子どもたち向けに考えられているデザインなんですね!

ミズノのアンバサダーも務め、ソフトボールの普及や発展に貢献している藤田倭選手。

革手袋にも「やまと」の「や」が入っていてトレードマークになっています。

スポンサーリンク

【ソフトボール】藤田倭モデルのグラブの購入方法

この投稿をInstagramで見る

FUJITA YAMATO(@yaaamttt)がシェアした投稿

以前はウィルソンのグラブを使っていた藤田倭選手、2017年ごろからはローリングス(Rawlings)を愛用しています。

また藤田選手はローリングスのアドバイザリースタッフでもあるそうです。

こんなにキュートなグラブ、ソフトボールをやっている方はぜひ欲しいと思いますよね。

藤田倭選手のグラブはオリジナリティあふれるものなので、残念ながら全く同じグラブは普段は販売されていません。

がしかし、「や」の文字やたくさんの刺繍が入ったグラブは購入できないですが、形状や色合いなど「藤田倭モデル」のグラブは購入が可能です!

【ローリングス】 女子用 ソフトボールグラブ  藤田倭選手モデル

そしてたまにツイッターなどでプレゼントキャンペーンとして、藤田倭選手の直筆サイン入りグラブが当たるかも!?という企画が行われています。

スポンサーリンク

さいごに

特に子どもたちや女性に人気が出そうな、かわいい藤田倭選手のグラブをご紹介しました。

藤田選手が次はどんなデザインのグラブを使うのか?を注意して見てみるという、新たなソフトボールの試合の楽しみ方ができました♪

これからもご活躍を陰ながら応援しています!

ソフトボール五輪代表の他の選手については、下記の記事を合わせてごらんください。

タイトルとURLをコピーしました