尹錫悦(ユンソンニョル)はどんな人柄?生い立ちや半生がすごい!

タイトル政治

韓国の第20代大統領に就任した尹錫悦(ユンソンニョル)。

名前の読み方がめちゃくちゃ難しくてユンソンニョル、ユンソギョル、ほかにもいろいろありましたがこの2つのどちらかになりそうです。

ユンソンニョルは親日ともいわれていますが、実際のところはどうなのか気になりますね。お隣の国の大統領についてぐらいはぜひ知っておきたいところです。

このユンソンニョル大統領、生い立ちや半生がすごくスリルに満ちた道を歩んできた人なのはご存知ですか?それはユンソンニョル氏の性格も大きく関係してくるんです。

まだよく知らない方のためにユンソンニョル氏がどんな人柄で、大統領になるまでどんな半生を送ってきたのか詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

【韓国第20代大統領】尹錫悦(ユンソンニョル)の人柄

この投稿をInstagramで見る

윤석열(@sukyeol.yoon)がシェアした投稿

尹錫悦(ユンソンニョル)がどんな人柄なのか、ひとことで表すと「忖度しない人」になります。

曲がったことがキライで正義感にあふれ、法に忠実で権力者にこびない一本気な性格といわれているんです。

この忖度しない人柄がユンソンニョルのこれまでの人生を少し遠回りさせてしまったとも言えますが…。それも韓国国民に支持されている理由でもあるんです。

ではどんな半生だったのか、次の項目へいってみましょう。

スポンサーリンク

尹錫悦(ユンソギョル)の生い立ちや半生

この投稿をInstagramで見る

윤석열(@sukyeol.yoon)がシェアした投稿

韓国の第20代大統領に就任した尹錫悦(ユンソギョル)は超エリート家系に生まれます。

両親ともに大学教授。ユンソンニョルのお父さんは日本の一橋大学に2年くらい留学して教授経験もあるんです。

ユンソンニョルが親日と言われるのも、お父さんが関係している可能性が髙いんじゃないでしょうか。

大学はソウル大学法学部、日本の東大に匹敵するエリート校です。

ソウル大学在学中に行われた模擬裁判で題材は「光州事件」。ちょうど韓国では軍事独裁政権の終わりごろで、軍事政権から民主化へという流れになっているときでした。

光州事件は民主運動とその弾圧という事件で、民主化を訴える大規模なデモが起こりそれを弾圧してたくさんの人が亡くなっていたのです。

ユンソンニョルはこの模擬裁判で検察官役を務め、当時の大統領チョンドゥファンに対してなんと死刑を求刑!

暗黙の了解で「言ってはいけないこと」とされていた空気を壊し死刑を求刑したのは超異例なことで、模擬裁判といえども問題視されてしまいます。

その後とても優秀だったのになぜか司法試験に落ちまくり、合格するまで9年かかったのは模擬裁判の一件が関係していたのではないか、と言われているんです。

9回目にしてやっと司法試験に合格した後は検察官となってバシバシと政治家たちの不正を正していき、どんどん出世していきます。

ウソかホントか?気になる方は読んでみてください。

パククネ元大統領の捜査チームのリーダーにも抜擢されました。捜査チームのリーダーとしてパククネを追い込んでいく実績を見て、ムンジェイン政権時には検事総長に就任し検察のトップに上り詰めます。

するとムンジェインに任命されて検事総長になったにもかかわらず、ユンソンニョルはムンジェインの部下をも容赦なく捜査し始めたんです。

このことからもユンソンニョルがいかに忖度しない人間かが表れています。ムンジェイン的には重大な誤算となってしまったようですね…。

捜査した結果、法務大臣の娘が不正入学をしたという疑惑が出てきました。韓国で不正入学は「あるある」な出来事なんです。なぜなら韓国は日本よりももっと「超学歴社会」だから。

韓国では財閥が経済を支配していて、その財閥グループに入るためには高学歴が不可欠なのです。

この投稿をInstagramで見る

윤석열(@sukyeol.yoon)がシェアした投稿

捜査した法務大臣は辞任し、ユンソンニョルは新しい法務大臣とバチバチな関係となってしまいます。これ以上不正をつつかれたくなかったんでしょうね。

それでも正義を貫き通した結果、ユンソンニョルは検事総長を辞職することになります。それはムンジェイン政権がすでに後半にさしかかっている時でした。

韓国大統領の任期は5年1期。再任はありません。なので国民の関心はもうムンジェインではなく、次に大統領になるべき人は誰か?ということに向いていました。

その次期大統領になるべきという支持率がダントツに高かったのが、ユンソンニョルでした。まだ立候補してなかったにもかかわらず国民から支持されていたってすごい人気ですよね。

そしてユンソンニョルは野党から立候補し、ムンジェイン側の与党から立候補したイジェミョンと争うことになりわずかの差でユンソンニョルの勝利。大統領としての新たな人生が始まったのです。

スポンサーリンク

まとめ

ユンソンニョルが大統領となるまでの半生は自身の忖度しない人柄がかなり大きく関わっていましたね。

これからの大統領としての5年間を不正を行わずに5年間まっとうできるのか?これまでの大統領とは違うスタイルを突き通せるのか?大注目ですね!

韓国のこれまでの大統領が退任した後、必ずと言っていいほど悲惨な目に合ってきたのをご存じですか?

悲劇となってしまう理由と、歴代大統領がおこなった政策そしてその後の運命を詳しく知りたい方は下記記事をごらんください。

また前大統領ムンジェイン氏について詳しく知りたいかたは下記の書籍をチェックしてみてください。

これから日本の総理と何度も会うことになるでしょうね。岸田首相については下記記事に詳しく書いてあります。

政治
スポンサーリンク
Sachiをフォローする
うつくしきかなあうんの呼吸
タイトルとURLをコピーしました