BLACKPINKジェニの語学力|日本語と英語はどれくらい?

タイトルK-POP

世界中で大人気のガールズKPOPグループ、BLACKPINKのジェニは4人のメンバーのなかでもハイスペックで目立つ存在です。

韓国出身の韓国人であるジェニは日本語や英語をどれくらい話せるんでしょうか?今日はジェニの語学力について深掘りしてみたいと思います。

BLACKPINKの他のメンバーの記事もありますので、あわせて読んでもらえたらうれしいです。

スポンサーリンク

【ブラックピンク】ジェニの語学力

この投稿をInstagramで見る

J(@jennierubyjane)がシェアした投稿

笑うととってもキュートなんだけど、すましている顔は女王様のようになるジェニは圧倒的オーラがあります。

ブラックピンクは4人とも個性的でそれぞれ際立つところがありますが、なかでもジェニは目立つ存在なんですよね。

そんなビジュアルに特徴のある声でラップもカッコよくてボーカルも上手い。めちゃめちゃハイスペックじゃないですか!

ジェニのそのハイスペックさを加速させるのが語学力。

日本語と英語がどれくらい話せるのか、短い動画も織り交ぜてご紹介します。

ジェニの日本語

ジェニはとてもナチュラルな日本語を話すんですよね。日本で音楽番組に出演したりコンサートをする時には必ず色々な日本語のフレーズを覚えて話してくれます。

ジェニの日本語が聞き取りやすいのは、滑舌が良くて発音がいいからだと思います。

ホントの性格はシャイですが、ブラックピンクとしてお仕事をしているときはジェニのサービス精神旺盛なところがフルに発揮されるようです。

覚えた日常会話をすぐに使うようにして、どんどん日本語で言えることが増えていきます。

ちなみにジェニは2匹の犬を飼っていて、そのうちの1匹の名前は「Kuma(クマ)」といいます。見た目がクマっぽいことから、日本語でクマと名付けました。なんだか親近感を感じますね。

ジェニの英語

ジェニは韓国出身ですが9歳から14歳までニュージーランドのオークランドに留学していたため、英語がとても流暢に話せます。

5年間で外国語をマスターするなんて、子どもの頃の吸収力はすばらしいです。

ところでジェニは歌唱力抜群で歌も上手なのにラップを担当していますよね。

YGの練習生時代にはグループで洋楽をカバーすることがよくありました。BLACKPINKメンバーのロゼはオーストラリア育ちなので英語はネイティブスピーカーです。

でもロゼが入ってくるまでは練習生の中で英語を話せたのはジェニ1人でした。

なので必然的にジェニがラップを練習して担当するように(笑)そしてだんだんとラップが楽しくなっていき、デビューが決まるまでラップばかり練習していたそうです。

ラップも英語で歌えるし、英語がペラペラなことが世界で活躍しているジェニにとってプラスになっているのは間違いありません。

またジェニは時間があればフランス語のレッスンも受けるようにしているんだとか。これでフランス語も流暢になれば、4か国語を操ることになりますね!

韓国国内だけでなく、日本やアメリカや世界で活動している超多忙なブラックピンク。それでも時間を見つけて外国語を勉強しようとする姿勢には脱帽です。

きっと学ぶことがほんとに好きで努力家なんでしょうね。

スポンサーリンク

まとめ

母国語である韓国語のほか、日本語も英語もなんならフランス語も話す器用なブラックピンクのジェニでしたね。

また日本でのコンサートで生のジェニの日本語が聞けるようになることを祈ります。

メンバー4人ともソロを出したり女優業をしたりアンバサダーをやったりと、個々でも大活躍なブラックピンク。

これからも新しい面をどんどん開発していってくれるのを楽しみにしています!

BLACKPINKの他のメンバーについてはこちらを合わせてごらんください。

K-POP
スポンサーリンク
Sachiをフォローする
うつくしきかなあうんの呼吸
タイトルとURLをコピーしました