失敗から学べ!車のインロック対策とインロックしてしまった時には?

生活

あなたは車をインロックしてしまったことはありますか?

いま「インロックって何?どうやってやるの!?」って思った人はきっとイマドキの車に乗っていますね。

赤信号で止まると勝手にエンジン止まったり、車をロックする時は外からキーを車に向けてポチっとやるリモコンタイプのキーだったりするやつですね。

あぁ最近はもっと進んでて、キーをバッグに入れたままドアを開けれたりなんならエンジンかける時もキーが必要なかったり・・・・いつ使うの!? キー!!

キーレスキーとスマートキーの違いも知らなかった私です。。。💦そっか、最近の車にしか乗ったことのない若い人たちはインロックという状況がいかに恐ろしくパニくるものなのか知らないんですね・・・

教えてあげます、その恐ろしさを。

イマドキの車でも私とは違うやり方ですがインロックしてしまうというトラブルが絶えないらしいですよ。だから今日はみんなでそれを学んで、これから「やってもうた!!」にならないよう気をつけましょう。

スポンサーリンク

車のインロックとは?

我が家はどっちかっていうとアナログ側で、特に乗り物に関しては夫が「古いやつが大好き病」なので、最近の車に乗ったことがないんです。

古い車のキーはとてもシンプル。電波がどうのこうのなんて関係ありません。

もちろんエンジンをかける時にもドアを開ける時にもキーが必要なのですが、ドアをロックする時にはキーを使わなくても手動でロックできるのです。

これが古い車がインロックしてしまう時の主な原因です。画像で分かりやすく説明すると、

インロック画像で説明

ドアの内側からロックして

インロック画像で説明

外からドアノブをひいたままドアを閉めるとロックされるのです。

車の中にキーを置いたままドアをロックしてしまうことをインロックと言います。

スポンサーリンク

私のインロック失敗談

週末、ダンナは仕事だったから娘と二人でビーチへ出かけた時のこと。

パーキングに止めてその直後、キーだけならまだしもバッグごと車に残したままインロックしてしまった私。。。

バッグの中にはお財布、そしてケータイも・・・・

ここはビーチ。天気もいいしみんなウキウキ♡

見える所には何も置かない」が鉄則の場所のはず。なのにめっちゃ見えてるよぉぉ~

終わったああああぁぁぁー

外から見えているのにバッグもキーも取れない・・・

ていうかこんな外から丸見えの所に( 助手席)バッグ置いてちゃ危ないよね。。。

不幸中の幸いで、インロックしてしまった場所は家からそんなに離れたところではなかったので、このままここに居てもどうしようもなく一旦家へ歩いて帰ること30分。

その時私たちはまだ引っ越してきたばかりの新参者だったゆえ、「知り合いが通りかかってケータイを借りる」なんてことも起こるはずがなく・・・

ダンナが仕事から帰ってきて合鍵をもらい、一緒に取りに行ったのでした。

あぁ、バッグも無事だった!

これでバッグ盗まれ、なんなら車ごと「あれ?どっか行っちゃった!」ってな二次災害が起きてもおかしくなかった状況。想像したら恐ろしくて仕方ない。

何事もなくて本当に良かった!

スポンサーリンク

なぜインロックになっちゃうの?

インロックしてしまってしばらくは「二度と同じ過ちは繰り返さない!」と、ドアをロックする時には手にキーを持っているか二度見してから行うようにするんだけど・・・

なぜだか二年に一度くらいの割合でやってしまうインロック。

なんで!?

バカなの!? わたし!?

はい、それは間違いないのですが・・

古い車のインロックしてしまう原因は私のようなミスだけど、イマドキの車もインロックしてしまうのは他人ごとではないらしい。

普通ならスマートキーが発する電波を車が受信して位置を確認してるため、インロックは起こりえない。だけどスマートキーの電池が切れたり電波が遮断されたりすると、誤作動してインロックしてしまうことがある。

あとは、車内にいた小さな子供やペットが誤って内側からロックしてしまうことも。

インロックしてしまう原因
  • ドアの内側からロックしてしまう
  • スマートキーの電池消耗または電波が遮断され、誤作動が起こりインロックしてしまう
  • 車内にいる子供 やペットが過って、またはいたずらでロックしてしまう
スポンサーリンク

想像すると恐ろしいインロックのシチュエーション

もしもこんなシチュエーションになってしまったらとても恐ろしくパニックになってしまうかも知れないから、みんな気を引き締めて車に乗りましょう。

パーキングでなく、駐車禁止の場所でインロックしてしまったら・・・

同乗者を降ろすだけのつもりで止めたらインロックしてしまった!まあ、そもそも駐車禁止の所に車を止めるべきではないのですが・・

夏の炎天下に小さな子供が過ってインロックしてしまったら・・・

車内の温度は外より高くなるし熱中症になる恐れがあり危険です。逆に雪国で起こってしまってもこわいですね。

お財布やケータイの入ったバッグごとインロックしてしまったら・・・

もしも私のように、お財布やケータイの入ったバッグごとインロックしてしまったとしたら・・・

ただただ途方にくれます。。。

スポンサーリンク

インロックしないための対策

合鍵を作る

最近のキーにはICチップが入っていて、ICチップが入ってると合鍵を作るのもすごく高いです。

昔のシンプルなキーだと\1000くらいで作れるのですが、ICチップ入りのキーは\15000くらいします。

ひぇ~、合鍵作るだけで1万5000円!

そこで私のおすすめは、ICチップを入れずに形だけコピーして合鍵を作ってもらうこと

インロックしたってことは本来のキーは車の中にありますよね。ICチップの入っていないキーでエンジンをかけることはできないけど、車のドアを開けることはできます。ドアさえ開いちゃえばこっちのもの!

スマートキーの電池交換を忘れずに

スマートキーの電池の寿命は約2年です。

なくなる前に交換するようにしましょう。

スマートキーは電化製品の近くに置かない

誤作動を起こさないよう、電化製品の近くにスマートキーを置かないようにしましょう。

スポンサーリンク

インロックしてしまった時には

対策を立てていてもやってしまうときはやってしまうもの。

ではインロックしてしまった時、テンパらずに対処する方法を覚えておきましょう。

家族や知り合いに合鍵を持ってきてもらう

まずこれが最初に頭に浮かびますね。

お金もかからないし、家族や知り合いに合鍵を持ってきてもらえれば、即問題解決です。

JAF(ロードサービス)を呼ぶ

JAFの会員であれば、無料でドアのロック解除をしてくれます。

鍵屋をよぶ

現場の近くに店舗があればいいのですが、なければロードサービスの方が確実でしょう。

スポンサーリンク

さいごに

最後まで読んでいただきありがとうございました。

いつもアンテナを張って、危険予測できるよう(とくに私!💦)にしたいですね。

タイトルとURLをコピーしました