ラグビーW杯の表彰式で海外メディアから非難を浴びるイングランドの選手たち

スポーツ

2日に行われたラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会の決勝戦では、南アフリカが32-12でイングランドを破り、3度目の優勝を果たした。

試合前はイングランドが有利とされていただけに惨敗したのが相当ショックだったのか、表彰式では授与された銀メダルを首から外す選手が続出。

それを見た海外メディアは「不愉快な敗者」「敬意に欠く行為」と一斉報道している。

スポンサーリンク

経緯は?

ラグビー・ワールドカップが2日横浜で行われた。

海外メディアからは「イングランドが圧勝」と試合前は予想されていたものの、フタを開けてみれば32-12とイングランドが惨敗。

イングランドは先日オールブラックス(ニュージーランド代表)に完勝し、勢いに乗っていただけに悔しくて仕方なかった様子があからさまに態度に出てしまった。

表彰式では「銀メダルはいらない!」とばかりに首からメダルを次々と外していく選手たち。

マロ・イトジェ選手は首にメダルをかけられることすら拒否し、選手だけでなくヘッドコーチも南アフリカの選手がトロフィーを持って表彰台に上がる前にメダルを首から外すなど、「ラグビー発祥の地の”紳士な国”が紳士的態度ではなかった」と批判が殺到している。

スポンサーリンク

ニュースでは批判の嵐だが・・

表彰式でのイングランドの態度に、「不愉快な敗者たち」や「スポーツマン精神に反する」とニュースでは批判の嵐。

スポンサーリンク

批判ばかりではない世の中の声

でもニュースを見た日本人のツイッターの声は批判ばかりではない。

スポンサーリンク

ラグビーW杯の表彰式で海外メディアから非難を浴びるイングランドの選手たち まとめ

報道はどうしても誰かが言うと「そうだそうだ」と、どんどん一方的な意見が拡散されていきます。

良く言えば「男らしい」「スポーツマンらしい」。

気が強く負けず嫌いでないとスポーツで闘うことはできません。

銀メダルを首にかけることはプライドが許さなかったにしろ、相手チームに祝福の拍手を送ったことだけでも評価してあげるべきではないか?と個人的には思いますが・・・

皆さんはどう感じましたか?

タイトルとURLをコピーしました