【ひと手間で人生を豊かに】美味しいコーヒーを自分で淹れよう

趣味

みなさんはコーヒーを飲みますか?

コーヒー好きな人にとっては、「目覚めの一杯はぜひコーヒーを飲みたい」と思うのではないでしょうか。

「コーヒー大好き!」な人はインスタントのお湯で溶かして飲むものではなく、ぜひ自分でコーヒーを淹れてみませんか?

なぜなら香りも味わいも全然違うから。

毎日毎日忙しい生活を送っていて余裕ナシ💦 私もそんな生活ですが、毎朝コーヒーだけは丁寧に淹れるようにしています

コーヒーを淹れている時間だけは何も余計なことは考えず、コーヒーの香りを楽しみながら優雅なひとときを過ごすことができるから♡

飲む時だけでなく、コーヒーを淹れている時間も楽しんでるんです!

そして自分で淹れたコーヒーを味わい、「今日も一日頑張ろう!」とエネルギーに変わっていく生活が気に入っています。

「コーヒーの淹れ方」といっても色んな種類がありますよね。ペーパードリップ・ネルドリップ・サイフォンにフレンチプレス・・・。

自分のお気に入りの淹れ方をするのがいちばんですが、初めての方が手軽に始められるのはペーパードリップではないでしょうか。

ほんのひと手間で、人生がより豊かに感じられるようになるかも知れません。

スポンサーリンク

美味しいコーヒーを自分で淹れよう

ペーパードリップは手軽に始められるのがメリットだけど、毎回同じ味に淹れるのはプロでも難しいのがデメリットと言う人がいますが、いいのです!

別にお客さんに出すわけでもなく自分自身のために淹れるので、毎回違う味をむしろ楽しめばいいと私は思います。

コーヒー豆を挽く

コーヒー豆は挽いてある豆を買うより、ぜひ自宅で挽きたい。だけど・・・

コーヒー豆はコーヒーを淹れる直前に挽くのがベストとされてるが、毎朝豆を挽くところからとなると私はしんどい。

休みの日にまとめて挽いて長期保存するときは冷凍庫へ、一週間分くらいなら冷蔵庫で保存可能です。

最近はミルの種類も多く、リーズナブルなものでも割ときれいに挽けますよ。

ただしエスプレッソは別!
エスプレッソ用の豆はかなり細かく挽くので業務用のミルでないときれいに挽けないです

コーヒーミルにご興味のある方はどうぞ

ペーパードリップでコーヒーを淹れる

用意するものはドリッパー(中にペーパーを入れてお湯を注ぐ物)とサーバー(コーヒーが抽出される容器)、この2つ。

さらにドリップポットがあれば完ぺきです。

やかんよりも細い線でお湯を注げる方がいいです。

ペーパードリップでの抽出はとてもデリケートで、プロに教わると素人ではとても覚えきらないくらい気を付ける点があるだろうけど、自宅で自分で楽しむものだから気を付けるのは最低限の事だけで十分。

  • コーヒー豆を入れる時はなるべく平らに
  • 抽出するお湯の温度は熱湯ではなく、90℃くらい
  • 最初に少しお湯を注いだら30秒くらい蒸らす
  • 中心から円を描くようにしてゆっくりお湯を注ぐ

この4点だけは気をつけて淹れるようにしたら、誰でも美味しいコーヒーが淹れられます。

ゆっくりお湯を注ぐ」って、どのくらいのスピード??と思うかもしれませんが、それも色々やってみて自分のお気に入りの味わいを見つけてみてください。

抽出が早いと割とスッキリした味、そしてゆっくり淹れると濃い目の味わいになります。

ペーパードリップのセットはこちらをチェック!

 

スポンサーリンク

そのひと手間で今日を味わい深い一日に

この記事を読んで「じゃあ自分で淹れてみようかな~」と思ってもらえたら本望です。

ちょっとの手間でコーヒーの香りや味わいが変わる。それに気づけるだけで幸せ。

社会生活のストレスから解放され、ほんのひとときでもゆったりと過ごし本来の自分を取り戻す。

コーヒーを淹れる余裕くらいは持っていたいと思う、今日この頃です。

タイトルとURLをコピーしました