宮本亞門(あもん)の中止発言が正しいと称賛!五輪反対意見はどれくらい?

タイトル テレビ・ニュース

すでに聖火リレーがスタートしオリンピック開催に向けて動き出している日本ですが、本当にやるの?と不安に思っている国民も少なくないのが事実ですよね。

そんななか、テレビの放送中に「日本から中止の意思を表明するべき」と発言した演出家の宮本亞門氏。

「炎上覚悟で」と切り出した意見でしたが、ネット上では称賛されることに。

今日は宮本亞門氏が正論だと称賛された声のまとめと、オリンピックに反対という意見はどれくらいいるのかを調べてみました。

スポンサーリンク

宮本亞門(あもん)の五輪中止発言が正論だと称賛!

先日、演出家の宮本亞門が炎上覚悟でオリンピックを中止するべきだと発言しましたよね。

オリンピックは日本だけのものではなく、世界のものであり、先進国だけでなく、後進国のものでもあります。今の感染状況の世界を冷静に見てて、インド・ブラジルを含めて…。皆さん切り裂かれちゃうんですよ、国民の気持ちが。
日本テレビ『真相報道バンキシャ!』出演時
宮本亞門は勇気を出して「炎上覚悟で」発言したわけですが、国民からは炎上どころか「宮本亞門は正しい」「正論です!」の声がネット上にあふれ称賛されています。
SNSでのコメントをまとめるとこんなじです。

「世界的状況から見るとオリンピック・パラリンピック関連の動きはどう考えても異常。『復興五輪』というけれど、五輪のための投資で復興に大ブレーキがかかっていることも事実です」
「今年は無理だというのが普通の考えだと思う。世界中で収まったわけでもないのに…」
「政府は無理やり開催しようとし、危険な方向へ行っていると思う。国は国民を守ってくれません。自分たちの命や生活を守るために声をあげましょう」

宮本亞門氏は2019年に前立腺がんを患い、摘出手術を行ったばかりです。

5月に摘出して6月に退院、そして7月にはもう公演の演出に復帰されていました。

副作用などの症状があったでしょうが、舞台にかける情熱は人一倍強く日本のエンタメ界を盛り上げようと活動しています。

スポンサーリンク

五輪反対の意見はどれくらい?

両意見
東京オリンピック・パラリンピックを開催すべきでないという反対意見は日本全体でどれくらいあるんでしょうか?

共同通信社が2021年1月9日、10日に全国で電話による調査をした結果では、

「中止するべき」 35.3%
「再延期にするべき」 44.8%

中止と延期の意見を合わせて反対意見は80.1%

と大多数が反対という結果に。。8割という数字はすごいですね、想像以上に数が多かったです。

では日本国内だけでなく、世界では2021年に開催するという東京五輪に対してどのように思っているのかも気になりますよね。

調べてみると、「五輪開催に同意しない」という回答が

世界での「五輪開催に同意しない」という回答率

日本 56%
イギリス 55%
ドイツ 52%
アメリカ 賛否ともに33%

とニュースで報道されていました。

しかし調査を行ったところが『民間が実施した日米欧6ヶ国の世論調査』と書いてあるだけでしたので、おそらく信ぴょう性は低いと思われます。

スポンサーリンク

さいごに

すでに聖火リレーは始まっている状況ですが、この先どうなるんだろう?と不安に思っている方もきっと多いと思います。

開催するにしろ中止もしくは延期になるにしろ、何事も起こらないことを祈ります。

宮本亞門氏のように勇気を持って声を上げる人が増え、またその意見を受け止めたり話を聞いたりできる世の中になるといいですね。

こちらは宮本亞門氏の著書になります。宮本氏は演出家であるほか、人の才能を見出す力があると評価されています。リーダーシップ力に悩んでいる方の力になるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました