NBA期待のルーキー八村塁の家族や生い立ちは?

スポーツ

今年からNBAデビューした期待のルーキー八村塁が先日の試合で活躍し、存在感をアピールしました!

八村塁の所属するワシントン・ウィザーズはケガ人が続出。そのため八村はいつもと違うポジションをすることになりましたが、そこでオールマイティな実力を発揮できてメディアでも評価されています。

NBAでのプレーはまだ始まったばかりの日本期待の星、八村塁はどんな子供時代を過ごしてきたのでしょうか?八村塁の家族や生い立ちについて書こうと思います。

スポンサーリンク

NBA期待のルーキー八村塁の家族

八村塁は1998年富山県生まれ。お父さんはアフリカのベナン出身、お母さんは日本人なので八村塁はハーフです。

そして兄弟は4人で八村塁が長男。弟と二人の妹がいるんですよ。

弟もバスケットボールプレーヤー。

スポンサーリンク

八村塁の生い立ち

小学校の頃の八村塁は陸上の短距離と野球をやっていました。野球ではピッチャーとキャッチャーを担当。イチローにとっても憧れていたそうです。

身体能力の高さはお父さん譲りで、足も速かったし「剛速球を投げれるキャッチャー」だったとか。

中学に入るころは成長痛で股関節の痛みがひどかったりで、このまま野球を続けるのか迷っていた時にバスケ部のコーチから誘いを受けます。

同じクラスメートでバスケ部の友達がコーチから頼まれ、八村を何度もバスケ部へ入らないかと誘い、その熱意に負けて八村塁のバスケ人生が始まりました!人生何が起こるか分からないですね~。

コーチは「お前は将来NBAに入る」と励まし続け、八村塁はそれを信じて一生懸命練習に励んだそうです。

でも実は当時コーチは「本気で八村塁がNBAへ入るなんて思ってなかった」というオチが・・・八村塁がバスケに飽きたり嫌いにならないよう励ますために言っていたらしいですが、結果オーライですね!

高校は宮城県の明成高校へ進学します。高校でも大活躍で、八村はどんどんバスケの腕を磨きます。

NBAへ入ることを目標にしていたので、高校卒業後はいくつかオファーのあった中からアメリカ・ゴンザガ大学を選びます。

スポンサーリンク

八村塁の経歴

  • 2014年 U-17世界選手権で得点王
  • 2019年4月 ジュリアス・アービング賞を受賞 

ジュリアス・アービングNBA最強のレジェンドと言われる人。過去5年間でジュリアス・アービング賞を受賞した選手は現在全員NBAで活躍している!だからこれを受賞したことはかなりすごい!

  • NBAにドラフト一巡目の9位で日本人史上初めて指名された
  • そしてワシントン・ウィザーズへの入団を決める
スポンサーリンク

まとめ

ワシントン・ウィザーズに見事入った八村塁、一年目の年俸は約4億円といわれています。いきなりすごいですね。NBAは一番年俸が高いですからね。。。

そしてNBAから日本人を指名したのは初めてということもあって、八村塁は大きな注目を集めています。

でも世間がこれだけ彼に注目するのはただ単に「バスケの才能がある」だけではないと思います。八村塁の誠実でフレンドリーなキャラクターが人を集めるんでしょうね。

アメリカのメディアからも「メディアを無視する日本のメジャーリーガーとは違う」と八村塁は評判がいいみたいです。

大きなケガなく、長い選手生命を送れたらいいですね。これからもいっぱい応援したいと思います!

タイトルとURLをコピーしました