山口智充(ぐっさん)は干されてない!マルチで多才な活動【2021年現在】

タイトルエンタメ

ここ何年もほとんどテレビに出ていなかった「ぐっさん」こと山口智充は、一時期芸能界から干されたという噂が広がっていましたよね。

お笑いだけにとどまらず、もともとなんでも器用にこなしマルチで多才な才能を持つ山口智充の現在の活動内容を、干されたと噂になった理由も含めてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

山口智充が干されたと言われる理由

山口智充

引用:YOSHIMOTO

25歳までサラリーマンだった山口智充は、そこから脱サラをしてミュージシャンを目指していましたが、お笑い芸人の道を歩むことに。

テレビで司会をしたりバラエティ番組に出演しているときなども人柄の良さはにじみ出ていましたよね。サラリーマン時代も優秀な営業マンでした。

好感度はとても高かったのに「干された」と噂が広がった理由はレギュラー出演していた『リンカーン』という番組に突然出なくなってしまったことにありました。

ダウンタウンがメインの番組だったのでダウンタウンとトラブルがあったのでは?などと、憶測で不仲説も同時に広まってしまう始末…。

ぐっさんがレギュラー出演していた頃の『リンカーン』が見たい方はチェックしてみてください。

ですが真相は『リンカーン』が別のレギュラー番組と収録が重なることが多く、スケジュール調整が難しかったことが原因だったようです。

それとぐっさんは近年のバラエティ番組のスタイルに疑問を持っていて、ひな壇に出たりコンテスト形式でネタに点数をつけることが好きではないという考え方でした。

カンペ通りに番組を進行しなければいけなかったり、バラエティで演技を要求されたりする環境がだんだんと窮屈に感じてきたのではないでしょうか。

やりたいことをやっていきたい」という自分の信念に基づき、現在に至っているんです!

スポンサーリンク

マルチで多才!ぐっさんの2021年現在の活動

全国放送のテレビにはほとんど出ていないですが、芸人・司会・歌手・俳優・声優など何でも器用にできてしまう多才なぐっさんは今もあちこちで活動しています。

「テレビだけが活躍の場ではない」ということを証明しているようにも見えてきます。

1 全国でライブ活動

ファンの方はご存じなようにぐっさんのライブはどこでも大人気なんです。

面白トークに歌あり、モノマネありの楽しいライブを見せてくれます。マルチな才能はテレビよりもライブの方が活きるようです。お笑い芸人ですが、もはやアーティストですね!

2 YouTube配信
ぐっさんはYouTubeチャンネルも持っていて独自のお笑いを配信しています。
ライブに重きを置いてやっているし、YouTubeを始めてまだ長くないので動画本数は多くないですが、これからどんどん面白コンテンツが増えていくんじゃないでしょうか。
3 名古屋のローカル番組
名古屋のローカル番組『ぐっさん家』は2003年から続いている長寿番組で、東海地方では有名です。
『ぐっさん家』が始まったいきさつはこんな感じです。。名古屋で別のレギュラー番組をやっていた時のディレクターと作家と仲が良く、プライベートでも一緒に遊んでいたそう。
そして「遊んでいる時のぐっさんの面白さをなんでテレビでそのまま出せていないんだろう?」と不思議に思い「自分たちがぐっさんの素の部分を出せるような番組を作ろう」ということになり、この番組が始まりました。
純粋に「面白いものを作りたい」っていうみんなの気持ちと、いい交友関係から成り立っている番組だから視聴者からも長く愛されているんでしょうね。
4 宮迫と音楽ユニット「くず」の復活!?

山口智充と雨上がり決死隊の宮迫博之からなる、コントと歌のユニット「くず」。

2001年に結成した「くず」は『ワンナイR&R』という番組から生まれてコントと共にうたも歌うのですが、2人とも歌が上手いしぐっさんの作る楽曲が良くて当時大人気でした。

番組終了と並行して「くず」もフェイドアウトしましたが、宮迫が自身のYouTubeでくずの復活を匂わせるようなコメントをしたことが話題に。

もしも本当に復活したら楽しみですよね。くず再開を望む声も多いです!

スポンサーリンク

SNSの声

「くず」再開するかもというニュースを見て楽しみにしている人たちの声をご紹介します。

年末恒例のガキ使に出演し、久しぶりにテレビでぐっさんを見れたと喜んでいる人たちのツイートです。

スポンサーリンク

まとめ

テレビではあまり見れないけど、2021年もあちこちで活躍しているぐっさんです。「芸能界にあまり依存していない」と自身でも語っているように、お笑い芸人じゃなくなっても人生を謳歌していそうですよね。

そんな生き方に憧れ、共感する人も多いようです。

テレビに出てなくてもやっていけるんだと、芸人としてのプライドをも感じる相変わらず好感度の高いぐっさんでした。

 

タイトルとURLをコピーしました