柔道家アグベニューの生い立ちや家族や経歴など詳しいプロフィール!

タイトルスポーツ

東京五輪の女子柔道63kg級で見事金メダルに輝いた、クラリス・アグベニュー選手。

試合の時も相手選手を起こしてあげたり、スポーツマン精神が垣間見れるアグベニュー選手に好感が持てる方も多いのではないでしょうか。

今日はそんな柔道家クラリス・アグベニューの生い立ちや家族や経歴についてなど、どこよりも詳しいプロフィールをご紹介します!

スポンサーリンク

柔道家クラリス・アグベニューの生い立ちや家族や経歴Wiki

名前クラリス・アグベニュー
名前のスペルClarisse Agbegnenou
生年月日1992年10月25日(2021年現在28歳)
出身地フランス西部 レンヌ
身長164cm

世界ランキング1位の63キロ級の女王、クラリス・アグベニューはフランスの柔道家です。

アグベニューはフランスで生まれ育ちましたが、両親のルーツは西アフリカの小国のトーゴ。なのでアグベニューは二重国籍持っています。お父さんは科学者、そして発明家なんですよ。

アグベニューはそんなに身長が高い方ではないのに、豪快に投げ飛ばす1本勝ちは圧巻。戦っている姿はほんとにカッコイイです。

そんな最強の女王ですが、幼少期は意外にも病弱で病院通いの日々でした。

生まれた時も予定日より2か月早く生まれた、超未熟児だったんです。そしてアグベニューは実は双子

クラリス・アグベニュー

引用:Bros. stories

一緒に生まれてきた兄弟はとても健康だったのですがアグベニューだけ瀕死の状態で生まれてきて、生後7日間は昏睡状態が続きました。その後もしばらくは保育器に入っていたんです。

腎奇形(腎臓の位置や形に異常があること)になっていたり、小さい頃は本当に体の弱い子でした。

でもアグベニューは小学生になってだんだんと活発になっていきます。そんなアグベニューが柔道と出会ったのは、9歳の時でした。

柔道を始めたきっかけは、先生に勧められたからです。

落ち着きがなく、おてんばといわれるほど元気になっていたアグベニューは先生に「柔道を習って自己コントロールができるようになるように」といわれて始めることに。

フランスは柔道大国として有名ですよね。フランスでの柔道の競技人口はなんと80万人だそうです。日本はというと、約20万人になります。

それから一生懸命に柔道をやるようになったアグベニューは、本格的に柔道をやるため14歳で実家を出ます。その3年後から柔道家としてのすばらしいキャリアを築いていくんです!

それが下記の経歴になります。(全ての成績が63kg級です)

2010年:グランドスラム63㎏級 優勝

2011年:グランドスラム 3位

2013年:グランドスラム 優勝

世界選手権  2位

2014年:グランドスラム 優勝

世界選手権   優勝

2015年:世界選手権  2位

グランドスラム 優勝

2016年:グランドスラム 優勝

リオオリンピック 2位

2017年:グランドスラム 2位

世界選手権   優勝

ワールドマスターズ 3位

2018年:グランドスラム 優勝

柔道グランプリ 優勝

ヨーロッパ選手権 優勝

2019年:世界選手権   優勝

2021年:東京オリンピック 優勝

これも日本ではあまり知られてないかもしれないですが、アグベニューの職業は柔道家であり、そして警察官でもあります。アグベニューには捕まりたくないですね(笑)

趣味は音楽を聴くこととスポーツをすること。

座右の銘は『Impossible is nothing』「不可能なことなんてない!」「不可能」なんて、ありえない!アグベニューらしい、ポジティブなフレーズ、ステキですね。

スポンサーリンク

さいごに

最強に強い警官でもあり柔道家でもある、クラリス・アグベニューは人柄も魅力的な人でした!

田代未来のライバルでもあるアグベニューは、才能があるだけでなく人一倍練習するんだそうです。田代未来はそんなアグベニューを尊敬しているといいます。

かなりアツい柔道の試合が繰り広げられていますが、それをさらに盛り上げているのが解説者。松本薫の解説がわかりやすくて面白くてすごくいい!と評判です。

そんな松本薫については下記記事に詳しくあるので、あわせてごらんください。

タイトルとURLをコピーしました